“ボーカルもっとください”は最終手段

ライブハウスでのリハーサル。度々ボーカルがPAに言うのは

「ボーカルもっとください」「ボーカルまだいけますか?」

自分の声が聞こえない。聞き辛い。その原因と対策。

□中音(ナカオト)がでかすぎる

すべてのモニターをゼロにした状態で、ドラムの生音の大きさに合わせてギターアンプ、ベースアンプの音量を決める。(基本的にギターやベースはモニターからは返さない)

その音量でもボーカルが聞こえない場合は以下の項目か、もしくはボーカルの声量が小さすぎる。

□モニターに近づきすぎている

音は近づけば大きく聴こえるように思いがちだが、壁や地面への反射音などを遮ってしまう為、逆に聞き辛いこともある。「音量が大きい」ことと「聴きやすい音」というのは違うのだ。

□中域の周波数音が多すぎる

ギターやベースの音作り、オルガン、ピアノ、スネアドラム、同時に鳴っているアンサンブルの音像が同じような周波数に固まってしまっていると当然マスキングされて聞き辛くなる。どれだけ声量があって倍音豊かなボーカリストだとしても、周りの楽器それぞれのバランスを整えないと発揮できない。基本は周波数帯を幅広く設定し、必要に応じてその振り幅を変えられるスキルを身につけよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA