宅録時代に求められるモノ


答えは簡単。それは何百年前から変わらず、芸術性です。感情を音にする。

どれだけ高音質であろうと、巧みなアレンジをしようと、それが無ければ単なる一時的な商業音楽です。

DAWの使い方を追求したり、何十万もするマイクのためにバイトしたりも良いですが、恋人と修羅場を迎えたり不倫したり朝まで飲んで山手線をぐるぐる回りながら爆睡したりする時間も作りましょう。


,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA